東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

GWは野鳥公園で!ポイントラリー開催予定 詳しくは、来週末発表

3月26日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、コチドリ、タシギ、イソシギ、オオセグロカモメ、トビ、ノスリ、キジバト、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、アオジ (39種)

今日は、イベント「春の干潟調査隊」を実施しました。

雨が降る中やって来てくれた、つわものの調査隊員たちと干潟に出発!
まずはカキや石が広がる「磯」のエリアで、生きもの探し。P3260072
石をひっくり返して、見つけたものをバケツに集めます。

そしてお次は、「砂」のエリアでの調査です。
P3260085
砂を掘り返して・・・P3260080
ザルで砂をふるいます。
一見に何もいないように見えた砂の地面の中には、いろいろな生きものが・・・

見つけた生きものは、部屋に帰ってからじっくりと調べます。P3260100
カニや貝やハゼをはじめ、1mmにも満たないような小さなアサリ、「なんじゃこりゃぁ」と声のあがったぷにぷにしたユムシのなかま、などなど・・・たくさんの生きものが見つかりました。

6人で見つけた生きものはこちら!P3260113

磯の干潟と、砂の地面の干潟とでは、住んでいる生きものが違うということがわかりました。

次回の調査は6月10日(土)
今回あいにく参加できなかった方、これを見て興味がわいた方、今回参加したつわものの皆さん、ぜひご参加ください!

3月25日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、タシギ、イソシギ、オオセグロカモメ、トビ、ノスリ、キジバト、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ (35種)

干潟の上では、たくさんのヤマトオサガニたちが姿を現していました!
何か食べていたり、水面から目だけをだしていたり、喧嘩をしていたり・・・

なかには「ウェービング」といわれる、ハサミを大きく振り上げてバンザイするような動きをしているカニもいました。これはオスが行うことが多いようで、なわばりや異性へのアピールのためにしているといわれています。
もう少し暖かくなると、ネイチャーセンター地下1階の「がた潟ウォーク」から間近で見ることもできます。

また、コチドリが1羽増え、今日は3羽確認されました!
kotidori
1日中東淡水池の泥のところで、チョコマカと動き回っていました。


3月24日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、コチドリ、タシギ、イソシギ、オオセグロカモメ、トビ、ノスリ、キジバト、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ、オオジュリン (34種)


コチドリの足元に注目!
ぶるぶるっ、ぶるぶるっ、と脚を震わせて、干潟に振動を与えて、えさ探しをしています。



タシギもヨシ原の刈り取りあとを、うろうろしながら、採食中です。

↑このページのトップヘ