東京港野鳥公園 レンジャーブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。



潮入りの池や前浜干潟の水辺では、夏鳥のコアジサシがダイブをしたり、杭にとまったりしています。
新緑のバードウォッチングもお楽しみください。
虫探しも楽しめる季節になってきました。

7月19日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、イソシギ、ウミネコ、コアジサシ、チョウゲンボウ、キジバト、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (20種)

今日も潮入りの池ではカワウが魚をとっていました。
しかし、今日はなんだか飲み込むのをてこずっている様です。カワウー180719-潮入りの池ー古沢
カワウが捕らえていたのは小さなエイ。
このあと何度も飲み込もうとしていましたが、結局逃げられてしまいました。

また、2階の「アオダイショウとせいくらべしよう!」のコーナー横では、なんと!ヒバカリがいました。ヒバカリー180719-NC-古沢ー2
首の横の白い線が特徴です。
アオダイショウだけでなく、自分も展示してくれ!と、訪問したのでしょうか。

また、お客さま情報では、4号観察小屋でカワセミが確認されたようです。

2018年7月10日~2018年7月18日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

水辺の鳥

種名1011121314151618
カルガモ
キンクロハジロ
カイツブリ
カワウ
ゴイサギ       
アオサギ
ダイサギ
コサギ
コチドリ
イソシギ       
ウミネコ 
コアジサシ 

山野の鳥

種名1011121314151618
トビ       
ノスリ     
キジバト     
ヒメアマツバメ  
コゲラ    
ハシボソガラス      
ハシブトガラス
シジュウカラ 
ツバメ
イワツバメ  
ヒヨドリ     
メジロ     
オオヨシキリ       
ムクドリ
コムクドリ     
スズメ
ハクセキレイ

7月18日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、ウミネコ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (20種)

野鳥公園は今日もきびしい暑さとなりました。
ミニ生態園で見つけたショウジョウトンボもだいぶ暑そうにしていました。ショウジョウトンボー180718-ミニ生態園ー長縄
【ショウジョウトンボ 未成熟】
ロープに止まってから、だんだんお尻が上がってきました。体に受ける日光を少しでも軽減させるため、トンボの仲間は逆立ち(オベリスク姿勢)をするようです。完璧な逆立ちまで、あと少し!

一方、その近くでは食事中のシオカラトンボを見つけました。シオカラトンボー180718-ミニ生態園ー長縄
【シオカラトンボ】
食べているのはバッタの仲間の幼虫でしょうか。

酷暑といわれる暑さの中で、トンボたちがそれぞれに生き延びる姿が見られました。

↑このページのトップヘ