東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

ジョウビタキが園内のあちこちで「ヒッヒッ」と鳴いています。
特にネイチャーセンター前でよく見られるジョウビタキのメスは、観察しやすくて人気者です。
冬鳥のカモたちも種類、数とも増えてきました。

6月27日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ

朝方、霧雨が降る中、コサギが6羽で餌探しをしていました。1号観察小屋に向って、真っ白な冠羽と黄色い足を自慢するかのように、隊列をくんで歩いていました。

6月26日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イカルチドリ、コチドリ、コアジサシ、キジバト、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ

潮入りの池にイカルチドリがやってきました!

野鳥公園にはめったにやってきてくれないイカルチドリ。観察小屋の前で、コチドリと一緒に食べ物を探してちょこまかと走りまわっていました。
P6263468


P6263471
食事の合間には、羽のお手入れも忘れません。

また、自然生態園では今日もチョウトンボやイトトンボの仲間が飛びまわっていました。
P6243454
*写真は24日に確認した、アキアカネの羽化の様子。
運がよければ、田んぼのイネにつかまり羽化する様子が見られるかもしれません。

6月25日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、コアジサシ、オオタカ、キジバト、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ

午前中にはオオタカが潮入りの池・ネイチャーセンター上空で確認されました。
昨日に引き続き、30羽を超えるコアジサシが飛来し、魚を捕まえている姿が見られました。
ネイチャーセンターをはじめ、1号・2号観察小屋、東淡水池でもじっくり観察できますよ。

↑このページのトップヘ