東京港野鳥公園 レンジャーブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。



潮入りの池や前浜干潟の水辺では、夏鳥のコアジサシがダイブをしたり、杭にとまったりしています。
新緑のバードウォッチングもお楽しみください。
虫探しも楽しめる季節になってきました。

1月30日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、イソシギ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (33種)

東淡水池のそばで、10分ほどじっと立ち止まってみました。IMG_6391

すると、ヨシ原に飛び込んできたメジロの群れ。IMG_6387
チュルチュルとにぎやかに鳴いていましたがすぐに立ち去り、入れ替わるように今度はオオジュリンが。オオジュリンは30秒ほどで立ち去り、今度はシジュウカラ。そしてその後にはカワラヒワがやってきました。IMG_6411
〔カワラヒワの本当のお目当てはヨシではなく、隣のアキニレの実〕

同じ場所にじっと立ち止まるだけで、次々に鳥たちに出会うことができました。

1月29日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (38種)

今日は朝から雨が降り、肌寒い1日でした。IMG_6358



東淡水池では、雨に打たれながらもじっと木にとまるノスリが見られました。別のノスリは、ピィーと高い声で鳴きながら、あっちへ行ったりこっちへ行ったり飛びまわっていました。

1月28日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (35種)

寒波のあとの暖かい陽射しに誘われて、2号観察小屋前の干潟にヤマトオサガニがたくさん現れました。
1月だというのに、にぎやかな干潟の出現です。
ちなみに、最近のシーズン初認は昨年が2/23、一昨年でも2/1でした。

20160128_1

↑このページのトップヘ