東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

ジョウビタキが園内のあちこちで「ヒッヒッ」と鳴いています。
特にネイチャーセンター前でよく見られるジョウビタキのメスは、観察しやすくて人気者です。
冬鳥のカモたちも種類、数とも増えてきました。

2015年6月16日~2015年6月24日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

水辺の鳥

種名1617181920212324
カルガモ
スズガモ
カイツブリ
カワウ
ゴイサギ     
アオサギ
ダイサギ
コサギ     
コチドリ
ウミネコ       
コアジサシ

山野の鳥

種名1617181920212324
オオタカ       
キジバト
ヒメアマツバメ
モズ      
ハシボソガラス       
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ  
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ     
カワラヒワ      

6月24日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コチドリ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ


カワウが水中で隊列を組んでサカナを取り始めると周りにコアジサシが集まってきました。カワウが追い詰めた魚達を20羽のコアジサシが上空から襲っていきます。まるで漁船に群がるカモメ達のようでした。獲物を横取りされるカワウにしてみれば、迷惑なことですが、コアジサシにとっては非常に効率よい作戦です。





6月23日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コチドリ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ

蒸し暑かった今日、園内では「ニイニイゼミ」がなき始めました。
※昨年は6/27日に確認しています。
上空を優雅に飛び回る「チョウトンボ」、草地を跳ねている「バッタの仲間」と
昆虫もにぎわってきています。


↑このページのトップヘ