東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

冬鳥達で賑わう季節になりました。
大人気のオオタカ、ハイタカなどの猛禽類もよく見られています。
ぜひ冬のバードウォッチングをお楽しみください。

8月30日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ヨシゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、イソシギ、オオタカ、キジバト、カワセミ、コゲラ、オナガ、ハシブトガラス、ツバメ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ

セイタカシギが今シーズン初確認になります!
これでここ数年「秋の渡り」で継続的に訪れているシギ・チドリ達は出揃いました。
成鳥2羽と幼鳥1羽、常に3羽一緒で行動をし、1日中「潮入りの池」内を動き回って羽を休めていたり、採食していたりしていました。
seitakasigi1

【2号観察小屋前の干潟で。3羽一緒のポーズ】

また、ヨシゴイの幼鳥も潮入りの池に現れました。
前々から来園者の方から情報を頂いてはいたのですが、中々出会えず、今日も来園者の方に教えて頂きやっと出会えました。
満潮に近づく夕方、わずかに残った干潟に1羽で現れ、側にある木の棒に登ったり降りたり、少し歩いたりをしてヨシ原の中に姿を消していきました。
yosigoi

【ヨシゴイの幼鳥】

8月29日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、コチドリ、キアシシギ、イソシギ、オオタカ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、オオヨシキリ、ムクドリ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ

午前中には潮入りの池で成鳥のオオタカが、午後にはネイチャーセンター側の林内からキビタキの鳴き声が確認され園内がにぎわいました。

また、久しぶりにオオヨシキリが潮入りの池のヨシ原に姿を現しました。
ヨシ原の中を出たり入ったり、せわしく動き回っていました。

8月28日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、トビ、キジバト、カワセミ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ムクドリ、スズメ

ネイチャーセンター前の干潟で、キアシシギがカニをつかまえる瞬間を観察することができました。
小走りで少し移動すると、ぶんぶんと振りまわしてカニの足を取ってしまいます。足が全て取れると、カニを丸のみ!
大きめのカニだったので満腹かと思いきや、地面に落ちた足もしっかりと拾い集めて食べ、そしてまた次の食べ物を探して走り出しました。

↑このページのトップヘ