東京港野鳥公園 レンジャーブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。



潮入りの池や前浜干潟の水辺では、夏鳥のコアジサシがダイブをしたり、杭にとまったりしています。
新緑のバードウォッチングもお楽しみください。
虫探しも楽しめる季節になってきました。

2018年7月3日~2018年7月11日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

水辺の鳥

種名3456781011
カルガモ
キンクロハジロ 
カイツブリ
カワウ
ササゴイ     
アマサギ       
アオサギ
ダイサギ
コサギ
コチドリ
イソシギ      
ウミネコ   
コアジサシ

山野の鳥

種名3456781011
トビ       
ノスリ     
チョウゲンボウ       
キジバト     
ヒメアマツバメ   
コゲラ   
モズ       
ハシボソガラス     
ハシブトガラス
シジュウカラ 
ツバメ
イワツバメ 
ヒヨドリ     
メジロ    
オオヨシキリ       
ムクドリ
コムクドリ     
スズメ
ハクセキレイ

7月11日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、ウミネコ、コアジサシ、トビ、ノスリ、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、メジロ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (22種)

園内のあちこちで、様々な鳥の幼鳥が見られました。ムクドリー180711-東淡水池
【ムクドリ】ハクセキレイー180711-潮入りの池
【ハクセキレイ】ツバメー180711-潮入りの池
【ツバメ】スズメー180711-潮入りの池
【スズメ】
どの幼鳥もまだ色ははっきりとせず、淡い体色をしていますね。

よく観察してみると、成鳥に比べて動きがぎこちない姿が見られるかもしれません。

7月10日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、ウミネコ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (20種)

「管理事務所のアケビにアケビコノハの幼虫がいる」と、お客さまから教えていただき、見に行ってみました。アケビコノハー180710-管理事務所ー幼虫ー長縄
【アケビコノハ 幼虫】
その静止姿が特徴的で、一度見たら忘れられないシルエットです。近くで見てみると、黄色い眼状紋(目玉のような紋)と青い点模様が黒褐色の体に映え、夜空に浮かぶ月や星をも思い浮かばせます。

私たち人からすると美しい模様ですが、これは鳥などの天敵を驚かすための模様です。

同じアケビの木では、他にも、茶色いタイプの幼虫も見つかりました。アケビコノハー180710-管理事務所ー幼虫ー長縄(2)
イモムシという概念を捨てて、じっくり観察してみてはいかがでしょうか?

↑このページのトップヘ