4月27日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、タシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ、イソシギ、オオセグロカモメ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、ツグミ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ (38種)

5日ぶりの確認です。(※休園日を除く)
3号観察小屋周辺で、元気にさえずっているキビタキの姿が観察できました!
kibitaki
【キビタキ♂】
新緑の景色に、ヒタキ類のさえずり・・・まるで高原に訪れたような気分にさせてくれます。

また自然生態園には、先々週頃から2羽のカルガモが滞在しています。
karugamo
【休憩中のカルガモ】

池や小川を泳いでいるときもあれば、陸地をテクテク歩いていたり、
時には田んぼの苗床の種をねらっていたりもしました。(しかし残念、網でガードされています)
karugamo2
【苗床の種をねらうカルガモ】

彼ら2羽は警戒心が薄いのか、人がそばを通ってもあまり逃げる素振りをみせません。
もし彼らを見かけた時は、急に近づいたりはせず、そっと観察してみてください。