6月17日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、コチドリ、セイタカシギ、コアジサシ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (23種)

『がた潟ウォーク』にて、なかなか見かけないものを発見。
hasamisyakoebi
これはトビハゼより見かけることの少ない、「ハサミシャコエビ」の作り始めの巣穴です。ハサミシャコエビ
【ハサミシャコエビ】

彼らは巣穴をつくるために、1m以上もの泥を掘り進んでいきます。掘った時にでた泥は、入口に積み上げられ、
完成時にはまるで富士山のような形の巣穴が出来上がります。
20160910ハサミシャコエビ巣穴 (3)
【完成時の巣穴】
がた潟ウィークに入ってすぐ右側の潮だまりのそばにありますので、そーっと近づいて巣作り中の様子を観察してみてください。
ときどき水面から顔をだします。(写真1枚目 赤矢印)