8月12日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、イカルチドリ、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、トビ、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、ツバメ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (21種)

今日はカワウの群れによる追い込み漁が何度も見られ、サギたちも30~40羽ほどがカワウの群れについていき、賑わっていました。チュウサギ_170812_東京港野鳥公園_恩田撮影_MG_5705_trim
また、サギの群れの中にはチュウサギも2羽いて、潮入りの池の島や干潟でうろうろとしていました。
(写真の右がチュウサギ)カイツブリ_170812_東京港野鳥公園_恩田撮影_MG_5685_trim
カイツブリの幼鳥も最近、潮入りの池で見られています。よく見ると顔に模様が残っていますね。

また、本日は野鳥公園のうみべであそぶ日、2日目を開催致しました。P8120410
午前中降っていた雨は止み、絶好のうみべであそぶ日日和となりました。
P8120428
【トサカギンポ】彼らはカキの殻の中に卵をうむことがあります。卵つきのカキ殻を水槽に入れてみたら、このあと孵化し、稚魚も観察することができました!P8120440
【イボニシ】イボニシなど、貝の仲間もよく見つかりました。
P8120437
【タテジマイソギンチャク】石をひっくり返すと、よくいたタテジマイソギンチャク。海水につけると触手が出てきて、子ども達が興味深そうに観察していました。

これでうみべであそぶ日は終了しましたが、野鳥公園では他にも様々なイベントを予定しています。
~今後のイベント情報~ ぜひ、ご参加ください。