8月18日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ウミネコ、トビ、ノスリ、チョウゲンボウ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (29種)

前浜干潟での観察は、満潮に近づきつつある時間帯がおすすめです。
だんだんと潮が満ちてきて、前浜干潟観察デッキのすぐそばまで、シギ達がやってくるからです。

満潮時刻前後に水面から顔を出ている岩場は、シギ達で大盛況です。
18.08.18 シギ1
ぱっと見て、何羽いて、何種類いるか、分かりますか?

この時は、7羽いました。そして、キアシシギと、
18.08.18 シギ2
キョウジョシギ(一番上)と、
18.08.18 シギ3
ソリハシシギ(真ん中)の、3種がいました。

キョウジョシギは比較的簡単に見つけられたかと思いますが、ソリハシシギは難しかったのではないでしょうか?
最初の写真だと、左側の上から3番目のシギがソリハシシギです。
じっくり観察するにはとっても良い時期ですので、ぜひ前浜干潟のシギ達に会いにいらして下さいね!