7月7日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、ウミネコ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (25種)

ネイチャーセンターの地下1階にある「がた潟ウォーク」で、お腹がぽっこりしたトビハゼを発見。
DSCN6863
【トビハゼ】
お腹に卵が入っていると思われます。
これから巣穴の中に卵を産みつけ、ふ化するまではオスが卵を見守ります。

ちなみに通常のトビハゼのお腹はこちら。DSCN6300

そのすぐそばでは、巣穴を掘っているアシハラガニがいました。

【アシハラガニ】
何度も泥を抱えて出てきては、時間をかけて掻き出していました。