東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

2015年03月

2015年2月24日~2015年3月4日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

水辺の鳥

種名 24 25 26 27 28 1 3 4
カイツブリ
カワウ
サンカノゴイ              
コサギ
アオサギ
マガモ
カルガモ    
コガモ    
オカヨシガモ          
ヒドリガモ          
オナガガモ      
ハシビロガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
バン          
オオバン
イソシギ  
セグロカモメ              
オオセグロカモメ

山野の鳥

種名 24 25 26 27 28 1 3 4
ミサゴ            
トビ
オオタカ
ハイタカ              
ノスリ
ハヤブサ              
チョウゲンボウ              
キジバト
ヒメアマツバメ              
カワセミ
アカゲラ  
コゲラ    
ハクセキレイ    
タヒバリ              
ヒヨドリ
モズ  
ジョウビタキ        
アカハラ          
シロハラ            
ツグミ
ウグイス
シジュウカラ
メジロ
アオジ
オオジュリン  
カワラヒワ      
スズメ  
ムクドリ
カケス              
オナガ      
ハシブトガラス

3月5日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、バン、オオバン、イソシギ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス


芝生広場のコブシの花の色が、つぼみの中から見えていて今にも咲きだしそうです。しかしそのつぼみを食べるのが大好き?な鳥がいます…それはヒヨドリです!よ~く探してみると、いくつかのつぼみに食べられたあとが残っています。今ヒヨドリに出会うなら、芝生広場がオススメです。

3月4日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、バン、オオバン、オオセグロカモメ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、アカゲラ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス


今日は午後から晴れ間が広がり、東淡水池には400羽以上のカモがやってきました。観察広場の割と近くの水面を泳いでいたり、草地で休んでいたりとカモの観察にとても適した日になりました。
またネイチャーセンター側の枯れ木では、モズの雄と雌が一緒にいる様子も見られました。ペアリングのきざしでしょうか?

3月3日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、ハヤブサ、オオバン、イソシギ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス


潮入りの池の横に、現在作成中の柵があります。竹やヤナギやニセアカシアの枝で作ったその柵に、ハシブトガラスが集まっていました。枝をつついたり、皮をめくったり、足で引っぱったり、一体そこにどんなごちそうが!?と思うくらい、どのカラスも柵に使われている木に夢中です。ただ新しいものが珍しいのか、木の中に虫がいるのか、木の皮の内側を食べているのか・・・これからも観察を続けたいと思います。

3月1日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、サンカノゴイ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、バン、オオバン、イソシギ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、アカハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス


今日は、午後から雨が強くなったため、東観察広場の望遠鏡を早めに撤収に向うと、サンカノゴイが正面のヨシ原に背中だけ確認できました。一番近い望遠鏡の撤収を後回しにして、最後もう一度のぞくと、こちらを向いて首を縦に振っているところがまで観察できました。雨天のご褒美に感謝

↑このページのトップヘ