東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

2015年08月

8月20日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、トビ、キジバト、ツツドリ、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、ツバメ、メジロ、ムクドリ、スズメ

田んぼの稲穂が目立ってきました。花も沢山ついています。近づくと足元からバッタたちが飛び出してきます。
inaho_nedatu


2015年8月11日~2015年8月19日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

水辺の鳥

種名1112131415161819
カルガモ
カイツブリ
カワウ
ゴイサギ       
ササゴイ       
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ      
コサギ
バン     
コチドリ
メダイチドリ       
キアシシギ
ソリハシシギ
イソシギ
ウミネコ 
コアジサシ       

山野の鳥

種名1112131415161819
トビ      
オオタカ       
キジバト
ツツドリ       
ヒメアマツバメ 
カワセミ      
コゲラ       
モズ       
オナガ      
ハシブトガラス
シジュウカラ     
ツバメ
イワツバメ       
ヒヨドリ  
メジロ      
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ       
カワラヒワ       

8月19日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、ウミネコ、オオタカ、キジバト、ツツドリ、ヒメアマツバメ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、ムクドリ、スズメ

レンジャーもやっとツツドリを確認できました。
16日から来園者の方から目撃情報を頂いていたのですが、なかなか確認できていませんでした。
赤色型で、自然学習センター前の樹林を飛んでいきました。
東淡水池脇の樹上にはチュウサギが7羽、やってきました。真っ白な体に黄色いくちばしが印象的です。
このままどこかに渡っていくのでしょうか?

8月18日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、コチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、ウミネコ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ

今日はシギチドリ個体数調査日でした。シギチドリの渡りの季節には毎週個体数を数えています。潮入りの池担当はネイチャーセンター2Fで調査中の札をつけて大きな三脚と望遠鏡を構えさせていただいています。
観察できたシギチドリの個体数は、イソシギ2羽、キアシシギ4羽、ソリハシシギ5羽、コチドリ6羽と、
シーズンはじめより増えてきました。 もっと増えてほしいので、雨乞いならぬ、シギチ乞いをしてみたいと思います。

8月16日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、コチドリ、メダイチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、キジバト、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ


夏羽のメダイチドリが2羽、潮入りの池にやってきました!実に3週間ぶりの確認です!
わずか1時間程の短い滞在でしたが、カワウやアオサギに混じり干潟を歩き回っていました。

また、同じ池ではバンの幼鳥がヨシ原の根もとから姿を現したので、ちょうど団体でご来園されていたお客様達の一緒に観察をしました。お尻を上下にピクピクと動かす特徴的な仕草をしながら、干潟とヨシの間を行き来していました。

↑このページのトップヘ