東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

2016年08月

8月20日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、コチドリ、セイタカシギ、イソシギ、オオタカ、カワセミ、オナガ、ハシブトガラス、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (21種)


今日は、朝から雨宿りを強いられました。
2号観察小屋で小降りになるのを待つこと1時間、その間は元気に歩き回るコチドリや首を水中に突っ込んで食事に夢中なカルガモの姿をじっくり観察しました。
20160820_1
2010820_2
降りしきる雨がこの画像でわかるでしょうか?

東淡水池には数羽のホシゴイがヨシの陰に隠れるように、たたずんでいました。20160820_3

8月19日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、セイタカシギ、イソシギ、キジバト、カワセミ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (22種)

すくすく育つ田んぼの稲たち。
P8190068

近づいてみると、穂が出ています!
さらによ~く見ると・・・
P8190069

小さなイネの「花」が咲いていました。
昨年2015年は8/14日に開花を確認。
今年も、まだかな まだかなと待ちわびていたところ、
今日見つけることが出来ました。

イネの花を見るには、天気のよい日の午前中がオススメです。

8月18日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、キジバト、カワセミ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (27種)

水浴びをしているスズメです!カニにもお構いなしですね、、急に動かれてカニがビクッとしています。



そして、こちらでは砂浴びもしていました。何羽いるのでしょうか。入り乱れています。

2016年8月9日~2016年8月17日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

水辺の鳥

種名910111213141617
カルガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ 
カイツブリ
カワウ
ゴイサギ  
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ    
コサギ
バン
イカルチドリ      
コチドリ
セイタカシギ
アオアシシギ       
キアシシギ
イソシギ 

山野の鳥

種名910111213141617
オオタカ       
キジバト  
ツツドリ       
ヒメアマツバメ       
カワセミ      
オナガ     
ハシブトガラス
シジュウカラ    
ツバメ
イワツバメ       
ヒヨドリ     
オオヨシキリ     
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ

8月17日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、イソシギ、オオタカ、キジバト、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (26種)

台風一過、青空と暑く湿った熱気に覆われた一日でした。

東淡水池のセイタカシギは、一夜にして倍以上増えました、樹間に隠れていたオオタカは、台風後のパトロールでまわっていたレンジャーに気づいて、空に飛び出していきました。
午後のアジサシ島は、大潮で狭くなった陸地がカワウが大挙して休憩しておりました。

20160817_1


↑このページのトップヘ