東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

夏真っ盛り!セミの鳴き声が賑やかです!
夏のイベントにも、ふるってご参加ください。
HPのイベント情報のページをご覧ください。
皆様の申込み・ご参加、お待ちしております。
※往復はがきでお申込みの場合、6/1からの郵便料金改定による切手料金不足にご注意ください

2017年07月

7月30日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、イソシギ、キジバト、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (24種)

本気の調査イベント「トンボの数をしらべよう」を無事開催しました。
tonnbo1

tonnbo2
連日の晴天で水路や池がすっかり干上がってしまった自然生態園。一時空を覆って飛翔していたチョウトンボもすっかり姿を消し、シオカラトンボが少々というありさまに、どうなることかと思ったのですが、前日夕から思いもかけない激しい夕立。

隅田川花火大会はすっかり出足をくじかれたようですが、公園にとっては恵みの雨。開園時には小雨模様でハラハラしましたが、午後には晴れ上がり、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、チョウトンボ、ショウジョウトンボ、オオヤマトンボ、ギンヤンマ、アオヤンマ(捕獲数順)を捕獲することができました。
ooyamatonnbo
【オオヤマトンボ】
残念ながら印づけした個体の再捕獲率が低く、個体数の推定ができたのはシオカラトンボだけでした。それでも捕獲後は自然学習センターで、参加者も主催者側も一緒になり、楽しく?わいわいと個体数推定作業を行いました。

昨年に引き続き、このイベントを共同で実施してくださった明治大学農学部の倉本先生と学生の皆様には、厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
ちなみに、シオカラトンボの“推定値”は132頭でした。この数字が独り歩きしないよう、あくまでも今回の作業で導き出された推定値であることは、強調しておきたいところです。

本気の調査イベント、引き続き『草ぼーぼーのひみつ①』『同②』と続きます。イベント情報をお確かめのうえ、ふるってご参加ください。


また、昨日のブログにて飛ぶ練習についての記事を上げたのも束の間、本日セイタカシギ親子が潮入りの池まで飛んで移動してきました!

お昼頃からその姿が確認され、閉園時間まで干潟の水際や島を歩き回っていました。

7月29日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、ウミネコ、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (21種)

池際でお休み中のセイタカシギのヒナたち。
seitakasigihina
孵化してから、もうすぐで1か月が経ちます。ここ2、3日で飛ぶ練習をしているヒナたちの姿が、度々目撃されるようになりました。

もうすぐで公園を旅立って行くのでしょうか?まだご覧になられていない方は、お早めに!

7月28日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、オオタカ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (22種)

「東観察広場にコウモリがいる!」と来園者の方からの情報が入り、すぐさま現地に向かったところ、人を恐れず屋根にぶら下がっているコウモリがいました!IMG_0249
【アブラコウモリ】

この時期に珍しくオオタカの幼鳥が潮入りの池に現れました。IMG_0262
水面ギリギリを飛ぶコチドリをしつこく追いかけていたのですが、コチドリは何とか逃げ切りました。
セイタカシギのヒナたちも襲われそうになっていましたが、オスの親鳥が追い払っていました。

7月27日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、イソシギ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (24種)

東淡水池にいるセイタカシギの幼鳥は、あっという間に親と変わらない大きさにまで成長しました。IMG_0224
カイツブリの幼鳥もすくすく成長しています。セイタカシギ同様、親に追いつく大きさにまで成長しました。IMG_0239

2017年7月17日~2017年7月26日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

水辺の鳥

種名1719202122232526
カルガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ       
カイツブリ
カワウ
ゴイサギ     
ササゴイ    
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ      
コサギ
バン      
イカルチドリ      
コチドリ
セイタカシギ
キアシシギ       
イソシギ    
ウミネコ       
オオセグロカモメ       
コアジサシ    

山野の鳥

種名1719202122232526
キジバト 
アオバト       
ヒメアマツバメ    
カワセミ       
コゲラ     
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ     
ヒヨドリ      
メジロ   
オオヨシキリ      
ムクドリ
コムクドリ    
スズメ
キセキレイ       
ハクセキレイ
カワラヒワ      

↑このページのトップヘ