東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

2019年08月

8月31日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ウミネコ、トビ、オオタカ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (28種)

1号観察小屋から潮入りの池を見ていると、何かが水に落ちる音がしました。その方向を見てみると…カワセミ_190831_潮入りの池
水の中から、1本の青い筋が飛び出していきました。カワセミ_190831_潮入りの池2
【カワセミ】
飛び出してきたのはカワセミでした。近く枝に止まり水面をじっと眺めていました。

お昼頃、東淡水池上空をオオタカの若鳥が飛んでいきました。オオタカ_190831_潮入りの池
【オオタカ】
空高く、近くを飛んでいたトビと共にゆっくりと飛んでいきました。

8月30日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、キジバト、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (24種)

今日の朝、東淡水池から「ギョギョシ、ギョギョシ」とオオヨシキリの囀りが聞こえてきました。オオヨシキリ_190830_東淡水池
【オオヨシキリ】
この時期にオオヨシキリが囀るのは珍しく、最初はレンジャーも耳を疑いましたがガマに掴まり、しっかり鳴いていました。

潮入りの池では、カイツブリの幼鳥が元気に育っています。カイツブリ_190830_潮入りの池
【カイツブリ】
何かを捕まえていたのか、しきりに水に顔をつけていました。

またお昼頃に、アオアシシギが1羽飛来してきました。アオアシシギ_190830_潮入りの池
【アオアシシギ】
一休みに来たのでしょうか。潮入りの池の干潟に降り立ちましたが、長居することなく園外へと飛んで行ってしまいました。

8月29日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ウミネコ、トビ、キジバト、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ (26種)

今日も、東淡水池・潮入りの池にはセイタカシギがいました。セイタカシギー190829-東淡水池
【セイタカシギ 東淡水池】セイタカシギー190829-東淡水池2
【セイタカシギ 潮入りの池】
2号観察小屋前では間近に観察することができました。

前浜干潟の水際には、イソシギがいました。イソシギー190829-前浜干潟
【イソシギ】
イソシギが動き回るたび、辺りにいたフナムシは大慌てで逃げていました。

また、前浜干潟奥の干潟ではキョウジョシギが2羽見れました。キョウジョシギ_190829_前浜
【キョウジョシギ】
岩のすき間や、杭についたフジツボをしきりにつついていました。

8月28日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、キジバト、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (25種)

朝から雨と強風に見舞われた野鳥公園ですが、今日はセイタカシギを10羽確認することができました。セイタカシギ_190828_潮入りの池 (2)
セイタカシギ_190828_潮入りの池 (1)
【セイタカシギ】
強風のなか、潮入りの池と東淡水池を行ったり来たり飛び回っていました。

8月27日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、キジバト、カワセミ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ (22種)

今日は東淡水池にゴイサギの幼鳥がいました!IMG_2377
【ゴイサギ】
写真には5羽しか写っていませんが、全部で6羽いました。IMG_2343
頭にはふわっとした白い羽根が残っており、幼さが感じられますね。

↑このページのトップヘ