東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

2月 16日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、ノスリ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ、オオジュリン (36種)

ネイチャーセンター横の芝生から東淡水池を見ていると、水面から離れたヨシの上を歩いている鳥がいました。

採食していたのはバンでした。器用にヨシに足をかけながら移動するなど、普段あまり見ることができない姿を観察することができました。
バン_20200216_東淡水池
【バン】
また、東淡水池の別の茂みでも採食しており、そこでは2羽確認することができました。

昨日から、カンムリカイツブリが潮入りの池に来てくれています。カンムリカイツブリ_20200216_潮入りの池
【カンムリカイツブリ】
今日の午前中は潮が満ちていたので、ネイチャーセンターの近くまで泳いできてくれました。

2月 15日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、タシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、キレンジャク、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン (43種)

連日確認されていたキレンジャク、ヒレンジャクですが、今日はキレンジャク1羽のみを確認しました。キレンジャク_20200215_東京港野鳥公園_恩田幸昌_MG_4787_trim
【キレンジャク】
芝生広場と自然生態園を行き来していました。

また、2号観察小屋わきのヨシ原では、今日もホオジロやオオジュリンの姿が見れました。ホオジロ_20200215_2号観察小屋
【ホオジロ】オオジュリン_20200215_2号観察小屋
【オオジュリン】
どちらも採食しており、ホオジロはヨシの穂を、オオジュリンはヨシの茎の皮をめくってカイガラムシを食べていました。

2月 14日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、ウミネコ、ミサゴ、ノスリ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、キレンジャク、ヒレンジャク、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン (38種)

昨日に引き続き、今日もヒレンジャク4羽、キレンジャク1羽が確認されました。DSC_0171_00001
【ヒレンジャク】
芝生広場や、学習センター前の林などを行ったり来たりしていました。

そのそばでは、今日もヒヨドリが賑やかでした。ヒヨドリー200214-自然生態園 (1)
【ヒヨドリ】
このヒヨドリ、ウメの花の蜜を吸いに来たのかと思いきや、何かの幼虫を食べていました。

陽だまりでは、ムラサキシジミが活発的に飛び回っており、春らしさを感じました。ムラサキシジミー20200214-自然生態園
【ムラサキシジミ】

2月 13日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、ウミネコ、セグロカモメ、オオタカ、ノスリ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、キレンジャク、ヒレンジャク、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ、オオジュリン (41種)

トラツグミは、ネイチャーセンター横の避難路付近の藪でか細く鳴いていました。
観察していると、一号観察小屋への曲道付近の大田市場側の林床に移動し、また鳴いた後、マテバシイの太い横枝に乗り移りました。写真は撮れず…。

一方で、今日もヒレンジャク4羽、キレンジャク1羽が観察できました。ヒレンジャク_20200213_東京港野鳥公園_恩田幸昌_MG_4773_trim
【ヒレンジャク】
キレンジャク_20200213_東京港野鳥公園_恩田幸昌_MG_4705_trim
【キレンジャク】
昨日と同じく、自然生態園の大田市場側の雑木林で見られましたが、時々、3号観察小屋や、受付近くの木の梢にも移動していました。ヒレンジャク_20200213_東京港野鳥公園_恩田幸昌_MG_4733_trim
レンジャクたちが樹皮を突っついている様子が度々見られましたが、白く点々と見える生き物(カイガラムシの仲間?)を食べているのでしょうか。
近くのクリの樹皮にも目線で、カイガラムシの仲間の幼虫らしきものが多数観察できました。

明日も観察できると嬉しいですね。

2月 12日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、キレンジャク、ヒレンジャク、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (41種)

昨日のキレンジャクに引き続き、今日はヒレンジャクが4羽確認されました!ヒレンジャク_20200212_東観察小屋
【ヒレンジャク】
午前中は自然生態園で姿を見ることができ、お昼頃になると東観察広場周辺の林に飛んできました。

キレンジャクも1羽、ヒレンジャクと一緒にいました。ヒレンジャク・キレンジャク_20200212_東観察広場
【左:ヒレンジャク 右:キレンジャク】
実はキレンジャクのほうが体が大きく、こうして並ぶとその違いがよく分かりますね。

↑このページのトップヘ