東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

ジョウビタキが園内のあちこちで「ヒッヒッ」と鳴いています。
特にネイチャーセンター前でよく見られるジョウビタキのメスは、観察しやすくて人気者です。
冬鳥のカモたちも種類、数とも増えてきました。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

11月25日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ (37種)

素晴らしいお天気の野鳥公園。
今日も沢山のお客様にご来園頂きました。
IMG_0048


お客様から「あの杭の上の黒い鳥はなんですか?」とご質問を頂き、ひとしきりカワウのご説明。
IMG_0033


暫くして「では、隣の白い鳥はなんですか?」とのご質問。
え??白い鳥??すぐ近くにいる??
自分にはカワウしか見えないけど……汗

……婚姻色のカワウの事でした。
IMG_0045

野鳥を見始めた方には全く別の種類に見えるのですね。
まだまだ未熟なご案内だったと、お客様から教えて頂いた出来事でした。

11月24日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、オオタカ、ノスリ、キジバト、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ (32種)

西淡水池に滞在しているたくさんのマガモたち。
11月に入り、オスからメスへの求愛の姿を、時折見せてくれるようになりました。
magamokyuuai
【マガモ:1羽のメスを取り囲む複数のオス】
オス達はメスの周りを泳ぎ回りながら、お尻を上げたり、くちばしで水をかけたり、必死?にアピール!
はたして、この恋は実るのでしょうか?そっと見守りたいと思います。

11月23日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ (40種)

潮入りの池の浅瀬には、今日もボラの幼魚がたくさんいました。降りしきる雨の中、その側でボラを狙っていたのはダイサギ。じっと待っていたおかげか、ボラを捕まえることに成功しました!ダイサギ-171123-潮入りの池
【ボラを捕まえたダイサギ】

ただ、捕まえたボラが大きくて、上手く飲み込めないようでした。せっかくの獲物を池に落とすことを不安がったのでしょうか。潮入りの池にある島まで移動してから食べていました。ダイサギー171123-潮入りの池
【潮入りの池の島まで移動】ダイサギー171123-潮入りの池
【赤い矢印・飲み込んだボラ】

11月22日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ (35種)

雲は多いけど、午前中は陽の光が降り注いだ野鳥公園。
IMG_0024


光が反射したカモの翼鏡(ヨクキョウ)がキラキラ光って綺麗でした。
【マガモの青の翼鏡】
IMG_0027-2

【ハシビロガモの緑の翼鏡】
IMG_0033

 
「午前中は陽が差してたからさ、翼鏡がヨク、キョウ見れて奇麗だったよぉ~」
「…そうですか」
「青、緑、ときて、あと1色、撮りたかったんだけどねぇ~」
「それはヨッキョウ不満になりますね」

シフトの悪戯でレンジャーの平均年齢がグンと上がってしまった本日の野鳥公園。
野鳥と共に駄洒落も飛び交っています。

11月21日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ (39種)

ここ数日、ぐっと冷え込む日が続きました。ネイチャーセンター前の広場のサクラやケヤキも一気に色づいてきたように思います。
ネイチャーセンター前の紅葉2017-11-21
 
今日はカモ類の数が少なく、潮入りの池に1羽だけいるカンムリカイツブリも、心なしか寂しそうに見えます。
カンムリカイツブリ2017-11-21
【カンムリカイツブリ】

島の周りでは、イソシギがのんびりとエサを探していました。
イソシギ2017-11-21
【イソシギ】

↑このページのトップヘ