東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

冬鳥達で賑わう季節になりました。
大人気のオオタカ、ハイタカなどの猛禽類もよく見られています。
ぜひ冬のバードウォッチングをお楽しみください。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

1月19日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ (38種)

日当たりが良く、開けた場所によく現れるハクセキレイ。
hakusekirei2 (2)
【ハクセキレイ/雄】
hakusekirei (2)
【ハクセキレイ/若い個体】
尾羽を上下にふりながら歩き回るのが特徴で、人への警戒心が薄いためか近い距離で観察できることも多いです。

オススメの観察場所は暖かく晴れた日の「芝生広場」。お弁当を食べたり、ベンチでまったりとしながら彼らを待ってみるのはいかがでしょうか?

1月18日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、ハイタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、ベニマシコ、アオジ、オオジュリン (39種)

今日は午前中にミニ生態園でベニマシコの鳴き声が。
しばらく待っていたら、下草から若いベニマシコが出てきました。

IMG_0342_01

【ベニマシコ】


その後、2号観察舎でオオジュリンを撮影していたら、突然、今度は赤いベニマシコが!!

IMG_0366

【ベニマシコ】

慌てて撮りましたが、見事なピンぼけ写真でした…

1月17日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、シメ、アオジ (32種)

「ホーホケキョ!」で有名なウグイス。
今の時期は「チャッチャッ」という鳴き声に変え、草むらや藪の中を素早く動き回っています。uguisu1
【ウグイス】

そして、こちらは近くの草むらにやってきたジョウビタキの雌。ウグイスとは逆に、草の先端にじっととまっていました。
zyoubitaki
【ジョウビタキ雌】



1月16日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、クイナ、オオバン、タシギ、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、シメ、アオジ、オオジュリン (37種)

今日は、普段あまり見られない鳥たちが出てきてサービスしてくれました。

お客様から情報を頂き、2号観察小屋に急行!
タヒバリを至近距離で観察する事ができました。
IMG_0178
【タヒバリ】

ネイチャーセンターの正面のヨシ原では、午前中はオオジュリンの4、5羽の群れと,ウグイス2羽が出たり入ったり。
IMG_0131
【オオジュリン】

午後になると、タシギ3羽が現れ、干潟に出たり、ヨシ原に隠れたりを繰り返していました。
IMG_0289
【タシギ】

今日の鳥たちはみんな同じような色ですね… 笑

1月14日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、タシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ (35種)

朝の冷え込みが厳しいこのごろ、土の上をあるくと、足元でさくさくと音がします。
「霜柱」です。
IMG_0153
 【霜柱】
いそしぎ橋からは雪をかぶった「富士山」の姿が。
IMG_0149
 【富士山 冬季の午前中がオススメです】

大きな富士山を見た後は、ネイチャーセンターの地下1階「がた潟ウォーク」へ行ってみましょう。
干潟の泥の上に、小さな富士山のような形の穴がたくさんあります。
IMG_0164
 「ハサミシャコエビ」という甲殻類の巣穴です。 詳しくはこちらもご覧ください

冬の間、干潟の生きものは静かに見えますが、暖かい日はカニの仲間が巣穴から出てくることもあります。
野鳥観察とともに、探してみてはいかがでしょうか?



↑このページのトップヘ