東京港野鳥公園 レンジャーブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。



潮入りの池や前浜干潟の水辺では、夏鳥のコアジサシがダイブをしたり、杭にとまったりしています。
新緑のバードウォッチングもお楽しみください。
虫探しも楽しめる季節になってきました。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

4月26日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

ヒドリガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、コチドリ、タシギ、イソシギ、トビ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、サンショウクイ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、コマドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ (38種)

タシギが2号観察小屋前の干潟に現れました。昨年ヨシを刈った付近で4羽同時に観察できました。
干潟にくちばしを差し込み、懸命に採食しています。

鳥たちの移動の季節なので、日替わりでいろいろな鳥がやってきます。連続して数日観察できることもあれば、わずかの時間でいなくなってしまうこともあります。
タシギの集団は明日もいてくれるでしょうか?
明日はどんな鳥が現れるか楽しみです。


20160426_1


20160426_2

カメラの枠には、三羽しかいれらませんでした。残念。

4月24日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

ヒドリガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、コチドリ、イソシギ、オオセグロカモメ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ビンズイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (36種)

雨の日の新緑は緑の景色が一層際立ち、木々の葉が生き生きとしているように感じます。
今日は自然生態園でビンズイの姿が、潮入りの池でオオヨシキリのさえずりが聞こえました!
binnzui
【ビンズイ】
また、東淡水池の奥側ではフジの花が咲いていました。そのすぐ側ではチュウサギがエサを探している様子…huzitotyuusagi
【フジ(上部)とチュウサギ(左下)】
東観察広場の望遠鏡を使って、遠くの方も要チェックです!

4月23日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、コチドリ、タシギ、チュウシャクシギ、イソシギ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン (38種)

芝生広場では、センダイムシクイが朝から夕方頃まで「チヨチヨビー」としきりに鳴いていました。
初めて聞いた、という来園者の方も多く「なんの声ですか?」が今日の質問ナンバーワンです。

鳴き声を頼りに探してみますが、「見つけた!」と思うとシジュウカラだったり、スズメだったり。なかなか姿が見えないなーとやきもきしていると、まだまだ葉の少ない高い木に上がってくれたところで、ようやく観察することができました。
MP4_000006800 (1280x720)
【センダイムシクイ】
見えたのも一瞬。華麗に枝を移動して隠れてしまい、また鳴き声だけに。
けれど、この「見つけた!」という瞬間がバードウォッチングの醍醐味のような気がします。
みなさんも「チヨチヨビー」を頼りに、ぜひ探してみてください。

4月22日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、チュウシャクシギ、イソシギ、コアジサシ、ミサゴ、オオタカ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、キビタキ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン (39種)

今日も渡り鳥(旅鳥や夏鳥)達の飛来で園内がにぎわいました!
2号観察小屋前に現れたのは、2羽のチュウシャクシギ!
干潟の上を歩き回りながら、次々にカニをつかまえていました。
tyuusyakusigi
【チュウシャクシギ】
小屋のそばでは「チヨチヨビー」とセンダイムシクイがさえずり、
自然生態園の雑木林ではキビタキの雄が見られました。渡り鳥達が続々と到着(通過)しています。

また、いそしぎ橋上空ではミサゴやオオタカが旋回していました!
misago
【ミサゴ】
池、林、上空…と目が離せません!!

4月21日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、イソシギ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、コムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ (32種)

先日の日曜日ほどではありませんが、風が強い一日となり、ツバメやコアジサシも風に流されながら飛んでいたように思います。
芝生広場では、久々の猛禽か!と思うほど上空にカワウが飛ぶ姿が観察できました。

IMG_3081 (1280x960)
そんな風にもまけず、潮入の池では、オオバンの求愛が行われていました。
IMG_3085 (1280x960)
クチバシを合わせたり、体をつついたりと、微笑ましい仕草に、しばらく見入ってしまいました。

↑このページのトップヘ