東京港野鳥公園 レンジャーブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。



夏鳥のコチドリ、ツバメも飛来しました。
まだ冬鳥のカモや、タカの仲間、小鳥たちも見られています。
季節の変わり目のバードウォッチングもお楽しみください。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

2月20日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、クロジ、オオジュリン (33種)

お昼前から強い雨が降り続きました。
でも野鳥達は晴れた日と変わらず、食べ物を探していたり、羽づくろいをしていたり、、、
oobann
【オオバン。背中には雨のしずくが】
hadukuroi2
【羽づくろい中のキンクロハジロ(上)とホシハジロ(下)】
hasibirogamo
【羽づくろいの後に羽を広げたハシビロガモ】

また、多くの鳥達はこれから繁殖の時期に入ります。今日はカワラヒワのさえずりを今シーズン初確認。2羽でカップル(夫婦?)のように一緒に行動していたものも見かけました。じっくり観察して、いつもとは違う鳴き声や行動をする鳥達をぜひ探してみてください!

2月19日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン (35種)

ポカポカと暖かく、風も穏やかで散策するには最適の1日。
自然生態園を中心にチョウが園内全域を飛び回り、足元に咲く花にはその蜜を吸いに小さな虫達が集まっていました。
murasakitubame2
【ムラサキツバメ/雄】
murasakitubame
【ムラサキツバメ/雌】
kitateha
【キタテハ。なかなか羽を開いてくれません】

2月18日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン (33種)"

芝生広場のコブシの花芽をヒヨドリが、クチバシいっぱいにほおばっています。ちょっと大きすぎた花芽を丸呑みしようと、ここから数分間の格闘が始まりました。でも最後まで吐き出すことも無く、あきらめずに最後は飲み込めました。

もう少し小さいのを沢山食べたほうが、効率いいのになー・・・・。

20160218

2月17日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、イソシギ、オオセグロカモメ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン (38種)

メジロがボケの木にとまり、花にクチバシをしきりに入れています。蜜を吸っているのでしょうか?
木々にも花がつき始め、メジロも嬉しそうです。

20160217_1

2月16日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、スズメ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (32種)

東淡水池のサンシュユ(山茱萸)に黄色い花がつきました。
早春、葉がつく前に木一面に黄色の花をつけることから、「ハルコガネバナ」とも呼ばれています。
昨年より一週間ほど開花が早いようです。
春の風景が、少しずつ増えていきますね。
20160216_1


また、日曜日にアズマヒキガエルの抱接が確認された場所では、さっそく卵(のう)が見つかりました!
azumahikigaerutamago
【長い紐状の袋のなかに黒色の卵がたくさんつまっています】
20160216_2

↑このページのトップヘ