東京港野鳥公園 レンジャーブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。



潮入りの池や前浜干潟の水辺では、夏鳥のコアジサシがダイブをしたり、杭にとまったりしています。
新緑のバードウォッチングもお楽しみください。
虫探しも楽しめる季節になってきました。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

1月27日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン (37種)

東淡水池島の樹木にハイタカがとまっていました。そうとは知らずオオタカが近づいてきました。ハイタカは自分より大きいオオタカに向って急発進!
しばらく追い回した挙句、エリアから追い払ってしまいました。不意打ちをくらうと体の大きなオオタカも劣勢となるようです。それとも気の強いハイタカだったのでしょうか
20160127
<急発進前のハイタカ>

1月26日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (35種)

アジサシ島で、モズが孤高?の「ひなたぼっこ」。今日も寒い一日でした。野鳥も人もヒナタが恋しい日々が続きます。
20160126

1月24日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン (39種)


今日は、気温が低く、風も強い一日でした。公園の鳥たちも寒そうです。メジロも寄り添って寒さをしのいでいるのでしょうか。
メジロ2016-01-24杉浦 東観察

1月23日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、イソシギ、オオセグロカモメ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、アオジ (42種)

今日もトラツグミが3号観察小屋そばで確認されました!10時頃、お客様からの情報を聞きつけすぐさま小屋の方へ向かい、しばらく待っていると落ち葉の上をトトトッと素早く歩き回るトラツグミを発見。
toratugumi
【トラツグミ】
トラツグミは、同種のシロハラやアカハラなどと同様に羽の色や模様が、林内の背景と同化していてとても見つけづらい…彼らは音をたよりに探すのがオススメかもしれません。
toratugumi2
【この中にトラツグミが…どこにいるでしょうか?】






toratugumi3
【中央赤丸がトラツグミ】

また、1・2号観察小屋の前の干潟には冬鳥のタヒバリがやってきました。
常連のイソシギと一緒に、干潟でエサを探していた様子でした。
tahibari
【タヒバリ】

1月22日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン (42種)

自然生態園にアカハラ、シロハラ、トラツグミ、ジョウビタキといったヒタキの仲間が次々と現れました。寅さんは接客している間に飛び去ってしまいましたが、アカハラは夕方まで頻繁に姿を見せてくれました、

20160122_aka
〔アカハラ〕

20160122_shiro
〔シロハラ〕

↑このページのトップヘ