東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

夏真っ盛り!セミの鳴き声が賑やかです!
夏のイベントにも、ふるってご参加ください。
HPのイベント情報のページをご覧ください。
皆様の申込み・ご参加、お待ちしております。
※往復はがきでお申込みの場合、6/1からの郵便料金改定による切手料金不足にご注意ください

カテゴリ: 今日の野鳥公園

3月8日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシブトガラス


園内を歩いているとポキン!と枝を折る音が聞こえました。野鳥公園は植物をとったり持って帰ることは禁止なので、慌てて振り返ると、人ではなくハシブトガラスでした。折った枝をさらにポキッと器用に折り、くわえたまま飛び去っていきました。ほかにもカワウが自分よりも長いヨシをくわえて飛んでいく姿も見られました。これからの時期は、巣作りに大忙しの鳥たちが観察できそうです。

3月7日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、オオバン、イソシギ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス


アカゲラのペアが、東淡水池の中央の島にやってきました!
今シーズンは例年に比べて、観察される頻度が高くなっており、園内の数か所で木に穴を掘っている姿も確認されたことから繁殖への期待が高まっています。

3月6日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、オオバン、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス


鳥たちの恋の季節がはじまり、ペアになっている鳥や、鳴きかわす声が目立ちました。木の目立つところでシジュウカラがさかんに「ツツピーツツピー」と鳴き、池ではカイツブリが2羽で「ケレレレレ」と鳴きかわし、カワラヒワも2羽で連れ立って飛んでいました。先週聞かれたウグイスの「ホーホケキョ」は、寒かったからか今日は「チャッチャッ」にもどっていました。

3月5日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ノスリ、バン、オオバン、イソシギ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス


芝生広場のコブシの花の色が、つぼみの中から見えていて今にも咲きだしそうです。しかしそのつぼみを食べるのが大好き?な鳥がいます…それはヒヨドリです!よ~く探してみると、いくつかのつぼみに食べられたあとが残っています。今ヒヨドリに出会うなら、芝生広場がオススメです。

3月4日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、バン、オオバン、オオセグロカモメ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、アカゲラ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシブトガラス


今日は午後から晴れ間が広がり、東淡水池には400羽以上のカモがやってきました。観察広場の割と近くの水面を泳いでいたり、草地で休んでいたりとカモの観察にとても適した日になりました。
またネイチャーセンター側の枯れ木では、モズの雄と雌が一緒にいる様子も見られました。ペアリングのきざしでしょうか?

↑このページのトップヘ