東京港野鳥公園 ブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。


東京都大田区、羽田空港や品川駅からも便利。

ジョウビタキが園内のあちこちで「ヒッヒッ」と鳴いています。
特にネイチャーセンター前でよく見られるジョウビタキのメスは、観察しやすくて人気者です。
冬鳥のカモたちも種類、数とも増えてきました。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

11月14日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、オオタカ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ (35種)

今日は今シーズン初記録となるハジロカイツブリが東淡水池に飛来していました。カモの仲間にまじって休んでいます。IMG_0488

東淡水池の島にある木にはオオタカがとまっていました。今日は数羽のハシブトガラスに囲まれていましたが、若いオオタカはそれでも図々しく居座っていました。IMG_0417

その同じ木にはツグミが時折とまっていました。IMG_0447


今日は東淡水池が賑やかでした。

11月12日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ (39種)

お客様情報で、ツグミが見られたそうです。

ノスリ_171112_東京港野鳥公園_恩田撮影_MG_8274_trim
【ノスリ】
今日はオオタカ、ノスリ、ハイタカ、トビがハシブトガラスに追われている様子が、ネイチャーセンター前の草地からよく観察できました。

また、ミサゴは、今日も潮入りの池の杭にとまっている様子が朝や午後に観察できました。

11月11日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ (36種)

野鳥公園内のあちこちで秋が深まってきています。ツタ
3号観察小屋のツタは赤く色づき、

カツラ
芝生広場のカツラは茶色や黄色に色づいていました。

3号観察小屋には頭部の緑色光沢が綺麗なオスのマガモがいました。マガモ
徐々に換羽し終わったカモたちも見られるようになってきています。

nosuritoootaka
【ノスリとオオタカ】
そして、東淡水池では昨日のモズに引き続き、今日はオオタカのそばにノスリがやってきました。
なにやら仲睦まじそうな様子です。「種の壁を越えて友情でも芽生えたのか??」そんな想像をお客様と一緒に膨らませながら…しばらくした後、オオタカが池に急降下!
ootaka
【2羽のオオタカ】
池にいたカモ類を狙ってたのですが、あえなく失敗。
その後、オオタカは別の木にとまったところ…なんとその場所にさらにもう1羽のオオタカがとまっていたという、珍しい場面に遭遇しました。

11月10日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ベニマシコ、アオジ (41種)

東淡水池の島の木に、モズとオオタカが、とまっていました。IMG_0286
【左:オオタカ、右:モズ】
『小さな猛禽』とも呼ばれるモズも、いつもは気が強いのに、オオタカの側ではさすがに大人しくしていました。でも、オオタカをチラチラと見ていたので、気にはしていたようです。

そのまま観察をしていると、目の前にハイタカが飛来してきました。IMG_0307
【ハイタカ】
潮入りの池から東淡水池へ飛んできたようです。

11月9日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ (40種)





ネイチャーセンターからすぐ下に見える岩の上、たくさんのスズメが日向ぼっこをしています。

でも今日は風がとても強く、、、
ヒュルルルと飛ばされてしまうスズメも。

はたして、岩が暖かくてしゃがんでいるのか、風が強いので石に張り付いているのか。

↑このページのトップヘ