東京港野鳥公園 レンジャーブログ



東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。



潮入りの池や前浜干潟の水辺では、夏鳥のコアジサシがダイブをしたり、杭にとまったりしています。
新緑のバードウォッチングもお楽しみください。
虫探しも楽しめる季節になってきました。

カテゴリ: 今日の野鳥公園

6月20日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、メジロ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ (21種)

昨日のブログに出てきたトウネズミモチの木に「今日もモズの幼鳥が来ていないかな。」と探しに行ってみると・・・ムクドリー180620-東淡水池
【ムクドリ】スズメー180620-東淡水池
【スズメ 幼鳥】
今日はムクドリとスズメが止まっていました!雨宿りでもしていたのでしょうか。

また、1号観察小屋前の樹林帯にはゴイサギがいました。ゴイサギー180620-潮入りの池
【ゴイサギ】

今日は雨が強く降っていましたが、このように休んでいる野鳥たちの姿が見られました。

6月17日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、ウミネコ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、メジロ、ムクドリ、スズメ (21種)

先月まではシギで賑わっていた前浜干潟観察デッキ。
今は、カワウが我が物顔で休憩しています。
カワウ1
【カワウ】

な~んだ、カワウだけか…、などと言わないで下さいね。
大きな水かきとか、グリーンの瞳とか、せっかく近くで見られるのでじっくり観察してみて下さい。
カワウ2

どうですか?意外と面白くないですか?

6月16日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、ウミネコ、コアジサシ、チョウゲンボウ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ (26種)ハクセキレイ_180616_東京港野鳥公園_恩田撮影_P6160036_trim
【ハクセキレイ】
潮入りの池の干潟に、ハクセキレイの親子がいました。
お父さんはちょっと離れた所にいて、お母さんは巣立ち雛のそばにつきっきり。
ハクセキレイだけでなく、ムクドリやスズメなどの小鳥達も巣立ち雛と一緒に動いていて、賑やかです。チョウトンボ_180616_東京港野鳥公園_恩田撮影_P6160010
4号観察小屋に行くと、目の前のヨシ原に休んでいる生き物がいました。チョウトンボ_180616_東京港野鳥公園_恩田撮影_P6160010_trim
【チョウトンボ】
今日みたいな天気では、むやみに飛ばず、休んでいるようで、ヨシ原で何匹か確認できました。

6月15日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、コアジサシ、キジバト、ヒメアマツバメ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ (22種)

自然生態園の自然学習センター横でネムノキが咲き始めました。
雨のしずくが花について、キラキラしています。
20180615_ネムノキ
【ネムノキ】
昨日はジャコウアゲハが吸蜜にきていました。
花期が短く、あっという間なのでみなさまお見逃し無く!

6月14日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、ウミネコ、コアジサシ、キジバト、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ (23種)

今日は前浜にムクドリの幼鳥がいました。
カニやフナムシを見つけては追いかけるのですが、全然捕まえられません。

頑張って餌採り上手になってね!
 
一方、東観察壁前にはスズメの幼鳥が。
スズメ
らぶりぃ~!!
 
野鳥公園は今、今年の春に産まれた新しい命で溢れています。

↑このページのトップヘ