東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

本日、レンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒメアマツバメ、コチドリ、チュウシャクシギ、コアジサシ、トビ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ(30種)

前浜干潟観察デッキからはカルガモを観察できました。
P6130847
【カルガモ】
岩の上で休みつつも、こちらを見つめていました。

ネイチャーセンター下の干潟ではコチドリが飛び回っていました。
P6130979
【コチドリ】
4羽が「ピピピピ」と鳴きながら追いかけあっていました。

いそしぎ橋ではスズメを観察できました。
DSCN6400
【スズメ】
ハサミムシを捕まえて食べていました。ハサミムシをくわえたまま、勢いよく首を振り回し、食べやすくしていました。

園路の木柵の上にはニホンカナヘビがいました。
P6130843
【ニホンカナヘビ】
木柵の上でじっとしていました。獲物を待ち伏せしているところでしょうか。

ネイチャーセンター横のミニ生態園のシロツメクサに、カワラヒワがやってきました。カワラヒワ_240613_東京港野鳥公園_ミニ生態園_公財日本野鳥の会_レンジャー青木撮影
【カワラヒワ】
地面をつついて採食しており、タンポポの種子も食べていました。

本日、レンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キジバト、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒメアマツバメ、コチドリ、チュウシャクシギ、ウミネコ、コアジサシ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ(28種)

前浜干潟のチュウシャクシギは、今日も確認されました。
チュウシャクシギ_240612_東京港野鳥公園_前浜干潟_公財日本野鳥の会_レンジャー青木撮影
チュウシャクシギ_240612_東京港野鳥公園_前浜干潟_公財日本野鳥の会_レンジャー青木撮影2
【チュウシャクシギ】
久しぶりにデッキの目の前まで飛んできてくれて、満潮で少なくなった岩場へとおりてきました。

芝生広場ではムクドリの群れを観察できました。
DSCN6240
【ムクドリ】
親子が集まった群れで、数十羽のムクドリがいました。強い日差しの中、地面に座り、翼を広げて、日光浴をしていました。
DSCN6259
みんなでくちばしを上に向け、念入りに日光浴をする姿も見られました。

潮入りの池では、カワウが魚を捕まえていました。DSCN7061
【カワウ】
少し大きめの魚だったので手間取っていると、近くにいたカワウや、木にとまっていたカワウがやってきて、奪おうと喧嘩になっていました。慌てて飲み込み、無事に魚を食べていました。

本日、レンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キジバト、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒメアマツバメ、コチドリ、チュウシャクシギ、ウミネコ、コアジサシ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ(27種)

前浜干潟観察デッキではカワラヒワを観察できました。
P6110731
【カワラヒワ】
ハマダイコンの実を食べようとしましたが、さやが硬いのか、カワラヒワの嘴でも砕くことができず、諦めてしまいました。

また前浜干潟ではチュウシャクシギも飛んでいました。
P6110782
【チュウシャクシギ】
デッキに到着した直後は対岸にいましたが、潮が引き始めると群れで飛び立ちました。

ネイチャーセンターの壁にはアケビコノハがくっついていました。
P6110708
【アケビコノハ】
枯れ葉のような前翅と、それに隠れている黄色い後翅、象みたいな顔がチャームポイントです。

自然生態園の田んぼでは、アキアカネが羽化していました。DSCN7041
【アキアカネ】
ヤゴの抜け殻につかまって、翅を乾かしていました。

↑このページのトップヘ