東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

9月30日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、コガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、イソシギ、ミサゴ、トビ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ノビタキ、エゾビタキ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ (27種)

東淡水池の周りでは、モズがよく観察できました
DSC_6604
【モズ】
枝の先端に止まり、「ギィギィ」と高鳴きをして、自分の縄張りを主張していました。


前浜デッキから、イソシギが見えました。
020bc85d-s
【イソシギ】
リラックスして羽繕いをしている表情が、思いのほか可愛らしく見えました。

潮入りの池の上空では、ミサゴが飛んでいました。
90e7078e-s
【ミサゴ】
左翼の先端近くの羽が曲がっているようです。

西淡水池(西調整池)では、ギンヤンマが産卵していました。
3e579a8d-s
【ギンヤンマ】
4号観察小屋から、観察できました。ギンヤンマはメスが植物体の中に卵を産み込みます。

先日、お知らせした通り、先日の休園日から、昨日にかけて造園業者さんによる草刈作業で、東淡水池の島や、潮入りの池の法面がスッキリしました。

「たくさん刈ってスッキリしたね」「観察しやすくなった」「見ないといけない所が増えました」などの感想をいただいておりますが、念のため、刈った理由などをここでもお伝えいたします。潮入り斜面草刈後_220929_東京港野鳥公園_恩田幸昌_P9290391_trim
【草刈後の潮入りの池の法面(土手)】

ここを刈った理由としては…
・クズ原を利用する鳥が少なかった
 低茎草地の方が鳥が利用するのではないだろうか
・クズ原は代替として他の場所にもある
・満潮時に水鳥が利用できる場が少ない
 そのような場がもう少し必要ではないか
・クズ原の下で実生木が増えてきている
 放置するとゆくゆくは樹林へ遷移する
という考えのもと、今回、法面のほぼ全面を刈り払い、現地で破砕していただきました。
(奥側は、特定外来生物のアレチウリが繁茂していました)

今日は、この法面に、チョウゲンボウ、イソシギ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、ノビタキ、サギ類が来ていました。
現状だけ見れば、成功のようです。
またすぐに生えてくるので、どこまで維持できるか、すべきかが課題です。

泥湿地も見えるようになったので、近々耕耘をすると、そこを出入りする鳥も見られると思います。
水辺の連続性を考えて、なるべく、障壁になるようなものは除去したいという考えもあります。

なお、この法面は、手前のヨシ原際のクズをもう少し刈り、木に絡んでいるクズも落とす予定です。
ハチ類の巣がありそうで、夏場の作業は躊躇していました。

一方、東淡水池もスッキリしています。東淡水池草刈後_220929_東京港野鳥公園_恩田幸昌_P9290392_trim
東淡水池草刈後_220929_東京港野鳥公園_恩田幸昌_P9290393_trim
【ヨシ刈り後の東淡水池の様子】

ここを刈った理由としては…
・水鳥、特に越冬で来るカモ類のための開放水面を広げること
・ただし、隠れられる場として、ある程度のヨシを残す
(本当は、左側にヨシの群落が4つ残るイメージでした…)
・島の裏側も見えるように観察視野を確保する
・ヨシ群落は、やがて陸地化・樹林化するため、遷移を止める必要がある
・ヨシ原は、代替として淡水池周辺にも残っている
という理由が挙げられます。

今後、レンジャー側で刈り残された場所のトリミングの草刈をしたり、実生木のヤナギなどの間伐・伐根などの整備を行う予定です。
また、雨水頼みの東淡水池では、2017年以降、雨不足で水位が低いことが多く、ガマがほぼ消失し、ヨシが拡大しています。
そのため、できれば、陸地化している所の一部をヨシの伐根、泥上げをし、湿地帯としての環境再整備も試みたいと考えています。

・おまけ・P9280387
【コオイムシ】
昨日、東保護区内の調整池の一部ヨシ刈りをした際、コオイムシを見つけました。

東京都レッドリスト2020年度版(区部):絶滅危惧IB類
環境省レッドリスト2020年度版:準絶滅危惧

これからも野鳥を始めとする生き物の生息・生育環境の保全、皆様の観察視野の確保に努めていきます。
管理作業が観察支障になる時もあるかと思いますが、ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

公式Twitter(受付の方が発信するアカウント)からの今更の転載となりますが…

お客様から要望が多かったコミュニティサイクル(シェアサイクル)を導入しました!
ポートは正門を入りスロープを登った右奥にあります。利用時間は野鳥公園の開園時間に準じます。

使用方法や会員登録は公式サイトhttps://docomo-cycle.jp/ota/をご確認ください。image_50741249

↑このページのトップヘ