東京港野鳥公園の(公財)日本野鳥の会レンジャーが、公園で観察した野鳥や自然についてお伝えします。

9月26日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、コガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イソシギ、ウミネコ、セグロカモメ、トビ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、エゾビタキ、コサメビタキ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ (28種)

芝生広場周辺では、ヒタキ類の動きが活発でした。
DSCN7107
【コサメビタキ】
先日から、コサメビタキがいたとの情報をお客様からいただいていましたが、やっと確認できました。
DSCN7068
【エゾビタキ】
木の上で獲物を探し、飛んでいる虫を捕まえて食べる様子が観察できました。

また、田んぼではグリーンボランティアさんによる「稲刈り」と「ハザ掛け」が行われました!
IMG_5407
IMG_5409
※ハザ掛け…機械等を使用しない昔ながらのお米の乾燥方法の一つ。刈った稲を「ハザ馬」というものにかけてゆっくり天日で自然乾燥させます

野鳥公園に秋の訪れを感じさせてくれる、毎年この時期お馴染みの光景です。

9月25日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、イカルチドリ、コチドリ、ソリハシシギ、イソシギ、ウミネコ、ミサゴ、トビ、オオタカ、チョウゲンボウ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、エゾビタキ、スズメ、ハクセキレイ (37種)

IMG_5404
【エゾビタキ】
自然生態園では、畑のそばの枯れ木にとまっていたエゾビタキを確認しました。その後、いそしぎ橋付近でも確認できました。

DSC_5781
【イカルチドリ】
2号観察小屋では、採食するイカルチドリを観察できました。

DSC_5799
DSC_5800
DSC_5801
【コサギとゴイサギ】
1号観察小屋では採食するサギたちを観察できました。魚が見やすい場所では場所の取り合いに発展し、ゴイサギの幼鳥がコサギに噛みついて追い払っていました。

9月24日にレンジャーが確認した野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、コガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒクイナ、オオバン、イカルチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、オオタカ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ (33種)

ヒクイナは、写真が撮れなかったのですが、夕方16時過ぎにネイチャーセンター真下のヨシ原の縁にいました。カワセミ_210924_東京港野鳥公園_恩田幸昌_MG_9810_trim
【カワセミ】
ネイチャーセンター横の芝生地から見える、東淡水池の水辺に刺した止まり木(いかにもという感じになってしまいましたが…)に、カワセミが来るようになりました。
今日は、下を見て、ハンティングする様子も見られました。
オオバン
【オオバン】
前浜干潟観察デッキからはオオバンを観察しました。今日は一羽だけの確認でしたが、これから増えてくると思われます。キアシ
【キアシシギ】
その後、2羽のキアシシギを確認しました。前浜干潟観察デッキと対岸を何度か往復していました。キアシとカニ
【カニを捕らえたキアシシギ】
石の隙間を覗き込みながら、採食活動をしていました。捕らえたカニを何度か叩きつけ、脚を折ってから食べていました。ソリハシ
【ソリハシシギ】
潮が満ち始めてきたお昼過ぎ、前浜干潟観察デッキにソリハシシギ3羽が現れました。その後、潮入りの池に移動し、活発に動き回っていました。

↑このページのトップヘ